格安スマホを契約する際に確認しておきたいこと。

格安スマホは今多くの人が使用しています。

格安スマホの人気の理由は、何よりも月額使用料が安いということです。

状況によっては格安スマホに切り替えるだけで月額使用料が半分以下に減ったというケースも珍しくないです。

そのため今大手携帯電話会社を利用している人も次の更新時には格安スマホに切り替えようと検討している人も多いです。

しかし格安スマホがいかに安くても場合によってはかえって使いづらいと感じることもあるため、格安スマホを利用する場合には情報を入手してよく考えてから決定すべきです。

格安スマホが安い月額使用料である理由の1つは、スタッフの常駐実店舗がほとんどないということが挙げられます。

契約に関してはインターネットもしくは数少ない実店舗に出向いて行うのですが、万が一使用しているスマホに故障などのトラブルが起きた場合にはすぐに代替機を得られるとは限りません。

実店舗が近くになければ営業所から代替機を宅配で送ってもらうことになるのですが、特に営業所から遠方に住んでいるような場合には申し込みをしてから早くても翌日、日によっては数日かかることもあるためその間はスマホを使用することができず、一台しか携帯電話を所有していなければ連絡ができなくなることもあります。

また格安スマホはキャリアメールという大手携帯電話会社が独自に持っているメールの機能がないところがほとんどです。

通話以外の連絡手段はLINEやGmailといったどの携帯電話会社と契約しても使えるアプリを取得するのですが、仮に相手がガラケーだとするとLINEなどを利用していない可能性もあり、連絡手段が減ってしまうということで家族や友人知人などがどれくらい格安スマホを利用しているか、あるいは大手携帯電話会社を利用しているかを調べたうえで実際に利用するかどうかを決めるべきです。

さらに月額使用料が安いといっても新たにスマホの本体を取得する場合には本体の費用を支払わなければならず、分割で支払うと月額使用料に上乗せされるため実際には高く感じることもあります。

そのため現在別の携帯電話会社でスマホを使用しているのであればSIMロックを解除するなどしてそのまま使用するのがおすすめです。

このように格安スマホはメリットばかりが強調されていますが、デメリットも少なからずあるということでそれらを知りよく考えたうえで新たに契約するかどうかを決めるのがおすすめです。