格安スマホのメリットとデメリット

格安スマホは、その名の通り月々の使用料金が安い事から人気が高まっており、契約内容や使い方によっては大手キャリアと呼ばれるドコモやau、ソフトバンクに比べ半額以下の料金で契約する事が出来ます。

しかし、全ての面で格安スマホが優れている訳では有りません。そこで格安スマホのメリットやデメリットを整理しておきましょう。

格安スマホのメリット

格安スマホの最大のメリットと言えば何と言ってもその料金の安さに有ります。

この料金の安さ以外のメリットとしては、契約プランをご自身の使用目的に合わせ選ぶ事が出来る為、無駄の無い契約プランにする事ができ、その結果として月額料金を安くする事に繋げる事が出来ます。

例えば、電話での通話をほとんど使用しない場合にはデーター通信のみの契約にしたり、ショートメール(SMS)を使用しない場合は契約に付けない、毎月のデーター通信が少ない人はデーター通信容量の少ないプランを選ぶ事が出来る等、契約の内容をご自身の使用状況に限りなく近づける事が出来ます。

次に大手キャリアとは異なり、契約期間の2年縛りが無い通信会社がほとんどです。

その為、他社への切り替えや、スマホ端末の買い替え等の際に、契約解除料やスマホ代金の未払い等の問題が起こりません。

特に格安スマホの場合はSIMカードを抜き差しできるSIMフリースマホですので、新しい機種への切り替えを行い易いと言えます。

格安スマホのデメリット

次に格安スマホのデメリットについて考えて見ましょう。

特に初めて格安スマホの利用をする場合に悩むのが、スマホ本体の初期設定等をご自身で行う必要が有ります。

大手キャリアではスマホを購入する店舗で既に設定が完了したスマホを手渡してくれますが、格安スマホの場合はその様な事が有りません。

特にスマホの設定に自信が無い方は苦戦する可能性が有ります。

又、格安スマホの場合、YahooメールやGmail等のフリーメールを使用する事になる事から、大手キャリアメールが使えなくなります。

このフリーメールの弱点は迷惑メールとして受信を拒否しているケースも有る事から、フリーメールではやり取りが出来ない事が有ります。

又、格安スマホにした場合通信速度が遅くなる場合が有ります。

これはほとんどの格安スマホの通信会社が、大手キャリアの通信回線を借りている為、お昼時や夕方等の時間帯によっては通信速度が遅くなる事が有ります。

更に、格安スマホの多くは通話のプランがオプションとなっている場合が多く、もしも通話する場合には大手キャリアの通話プランに比べてかなり高額の通話料となってしまいます。

その為、格安スマホで通話する場合のお薦めとしては、無料通話アプリ等を使う様にする必要が有ります。