格安スマホの契約会社の選び方

楽天モバイルやイオンモバイルなど、多くの会社で格安スマホの契約が主流となっています。

キャリアの月額費用よりも安く済ませられるメリットは非常に高く、契約会社を変更しようと検討する人も多いでしょう。しかし、料金だけを重視して契約会社を選ぶのは止めましょう。

格安スマホの場合、キャリアの電波を借りてスマートフォンが利用できる仕組みになっていますが、キャリアと異なるのはデータ通信の速度です。

キャリアの頃はスムーズにインターネットや動画を楽しむことができても、格安スマホに変えると朝や昼の時間帯に多くの方が利用するため、繋がりにくい時間が発生します。

繋がりにくいと必要なときにスマートフォンを利用しづらくなるデメリットがあります。

また、現在まででも多くの格安スマホの契約会社がありますが、中にはサービスを終了したケースや他社に統合されたケースもあります。

キャリア以上に会社は不安定な部分があり、格安スマホの契約を検討する場合はその中でも大手会社に着目した方が安心です。

次に格安スマホの契約会社を検討する判断材料は、利用する端末と、利用したい通信ネットワークです。
今持っている端末を利用する場合、それはキャリアから販売されている商品なのでSIMロックを解除する必要があります。

SIMフリー端末であっても通信ネットワークが何に対応をしているのか把握しておかないと、格安スマホの会社で契約を行い、SIMカードだけが届いても使用できないことが起こりえます。
通信ネットワークは主にソフトバンクやau、ドコモのことを指し、自分の端末がauで契約したものであれば、格安スマホでもauのネットワークでSIM契約を行うと、そのまま使っている端末を使うことができます。

端末は格安スマホの会社でSIMカードと同時契約を検討するのであれば、キャンペーン次第で事務手数料が無料であったり、端末代が新規の方がお得に購入できるメリットがあります。

キャンペーン内容は各社共に異なりがありますが、目先のお得にだけ気を取られずに、自分が契約したいプラン情報と端末代の比較もしっかりと行うことが重要です。

格安スマホは基本的に店舗を構えずに営業を行っています。

契約は全てパソコンやスマホなどのネット環境から申し込みを行う必要があるため、端末やSIMカードが届けば自分で初期設定を行います。

機器を触るのが苦手な方や、トラブル時に店舗があると安心の方は必ず店舗を構えている格安スマホの会社で契約を行うと良いでしょう。